• 自毛植毛手術で得られる効果

    年齢を重ねていくのに従って少しずつ髪の毛が薄くなっていく症状は、おでこの生え際や、頭頂部など、全て活性男性ホルモンが活発に作用している範囲で発症します。


    一方で活性男性ホルモンにより、あまり影響が与えられない側頭部や、後頭部の範囲は、正常にヘアサイクルが機能していて、活力がある毛根がたくさん存在しています。



    この部分からドナーを取り出して、髪の毛が薄くなっている部分に植え込むというのが自毛植毛手術の方法となります。

    毛根が、上手く定着すると半永久的に髪の毛が生えかわります。



    活性男性ホルモンの作用に影響が及ばない毛根として機能するので、自毛植毛手術を受けてからは、薄毛になっている状態の部分でも、側頭部や、後頭部の髪の毛と同じように生えかわってくれる効果を得ることが期待できます。



    AGA薬を服用する投薬治療で薄毛に対処しようとすると、服用を止めてしまった時点で、また薄毛が進行していってしまいますが、自毛植毛手術を受ければ、活性男性ホルモンの作用の影響が及ばない毛根として髪の毛を再生してくれるので長く効果が続くことになります。

    人工毛植毛手術を比較した上で分かるメリットとして挙げられるのは、植え込むドナーが元々自分の身体の毛根だったものなので拒絶反応などを引き起こしにくく、髪の毛が定着しやすいことになります。手術を受けた後にメンテナンスをする必要もないため通院する面倒さも発生しないことになります。