• 自分の髪の毛を使用する植毛方法

    植毛とは、頭皮に毛髪を植え付けて髪の毛を増やす薄毛の治療法です。

    人工毛を使用する方法もありますが、最近主流となっているのは、自分の髪の毛を用いた自毛植毛です。


    自毛植毛は自分の後頭部、側頭部にある髪の毛を薄毛の部分に移植していきます。


    男性に起こる薄毛は、大半がAGA(男性型脱毛症)によるものです。


    AGAは男性ホルモンのジヒドロテストステロンが引き起こしています。これは、ジヒドロテストステロンが頭髪の毛乳頭細胞に存在している受容体と結合し、髪の毛の生え変わるターンオーバーを乱してしまうからです。

    このため、髪の毛は成長する前に抜け落ち、この結果太く長い毛が少なくなり薄毛になるわけです。



    ですが、この男性ホルモン受容体は後頭部や側頭部には存在していません。これは、薄毛の人でも後頭部や側頭部の毛は通常量の毛髪が残っていることからわかることでしょう。
    自毛植毛では男性ホルモンの影響を受けない後頭部や側頭部にある髪の毛を毛穴から植え付けることになるので、髪の毛が頭皮に定着するとその後は髪の毛が抜けたとしても自然に生えてくるようになります。

    この自毛を用いる手術法には、FUT法とFUE法があります。

    FUT法では、頭皮をメスで切り取る手術法です。



    一方FUE法は、細く中空で先端が鋭いパンチでくり抜いて毛包を採取していきます。

    FUT法は、頭皮ごと髪の毛を切り取るため髪の定着率がFUE方よりも高いというメリットがあります。



    それに加えて一度に多くの髪の毛を採取できるので、植毛できる量が多いというのも特徴です。
    FUE法は、パンチを使って手術をするため傷跡が余り目立たない手術法です。